温泉で感染?水虫タイプで症状が出る季節に違い

水虫は白癬菌というカビの1種に、感染する事で発症する皮膚感染症の1つです。
白癬菌の感染経路は色々とあるのですが、温泉で移ってしまうケースもあると言われています。

清掃をしっかり行っている温泉がほとんどですが、浴場に出入りする場所にあるマットは、1人が使ったからといって変える事はありません。
もし、足の裏に水虫ができている方が、そのマットを踏んでしまうとどうなるでしょう。

白癬菌を含んだ角質がマットに付着してしまうのです。
マットについた白癬菌が、他の方に移ってしまうというケースは、ゼロではありません。
温泉で白癬菌に感染しない為には、しっかりと足の裏を洗い、乾燥させる事が大切です。

白癬菌は乾燥に弱いと言われています。
温泉に入った後は、入念に水分を拭き取りましょう。

ただ、対策法を行っていても、水虫になってしまう場合もあります。
水虫といえば夏場の季節に多いというイメージを、持たれている方も多いのではないでしょうか。

足の指と指の間が水虫になる趾間型や、土踏まずなどに水疱ができる小水疱型といった水虫は、梅雨から夏場の季節にかけて患者が増えると言われています。

ただ、夏場だけでなく冬場にも症状を感じやすい、水虫もあるので注意が必要です。
角質増殖型は冬に増える水虫です。
かかとが厚くなりひび割れるなどの症状を引き起こします。

このように、水虫は季節関係なく発症すやすいのです。
多くの方が悩んでいる水虫ですが、水虫治療を受ける事で改善できます。

水虫治療では白癬菌を無くす為、抗真菌薬が用いられます。
抗真菌薬には外用薬と内服薬とがあり、水虫ができている場所や症状の進行具合などによって、どちらで治療するか変わるようです。

早めに水虫治療を受ければ、その分治りも早くなるので、早めに受診しましょう。