水虫で化膿する?水虫治療で悩みを解消しよう

痒い皮膚感染症といえば、水虫です。
「虫」という名前がつけられていますが、原因はカビの1種である白癬菌が感染する事にあります。

白癬菌はケラチンというタンパク質を、エサとしています。
皮膚はケラチンが主成分で構成されている為、白癬菌には絶好の増殖場所なのです。
ジメジメとした所を好む為、靴や靴下を履いて蒸れやすい、足に水虫はできやすいと言われています。

指と指の間や、土踏まず部分などに白癬菌が感染すると、非常に強い痒みを伴います。
痒さのあまり搔き毟ってしまい、傷ができてしまう程です。
その傷口から他の雑菌が侵入すると、今度は化膿を引き起こしてしまうので注意しましょう。

患部が化膿してしまうと、痛みのあまり靴を履く、歩く事さえ困難になってしまいます。
化膿してしまう前に、痒みを感じたら水虫治療を受ける事がお勧めです。

ただ、水虫は他人に知られたくないという事もあり、病院に行く事さえも躊躇ってしまう方も多いようです。
特に若い女性だと、診察に抵抗を感じるでしょう。

しかし、水虫治療を受けず、そのまま放置してしまうと、どんどん白癬菌は増殖し続けます。
自然と治るという事は無いので、早めに水虫治療を受ける事が大切です。

治療では白癬菌を除菌できる、抗真菌薬が処方されます。
皮膚に白癬菌が感染している場合は、外用薬での治療が一般的です。
患部を清潔にしてから、外用薬を塗りましょう。

病院で処方してもらえる外用薬は、市販のものよりも作用が高い為、すぐに痒みなどの症状は収まります。
ですが、皮膚表面にいる白癬菌がいなくなっただけで、内部に侵入した白癬菌は残ったままです。
症状が無くなっても、確実に白癬菌がいなくなるまでは治療を続けましょう。