アルコールで治る?手指の水虫は水虫治療を受けよう

水虫といえば足の裏にできる皮膚病と、思われがちです。
ですが、実は足の裏にだけでなく手指にも水虫ができるケースが、あると言われています。

そもそも、水虫は白癬菌というカビの1種が、感染して引き起こされる皮膚病です。
白癬菌は湿った所が好きという性質があるので、靴で蒸れやすい足に水虫はできやすいのです。
しかし、足の裏に感染した水虫が手に移ったり、白癬菌がついているバスマットなどを手で触れた事で、白癬菌が手指に感染してしまうケースもあります。

一般的に水虫は痒みが出たり、ジュクジュクと皮膚がただれるというイメージがありますが、手指に白癬菌が感染すると「角質増殖型水虫」というタイプがほとんどです。

角質増殖型水虫は角質が厚くなるといった、症状を引き起こす水虫のタイプです。
痒みなどは無い為、水虫と気づきにくく、そのまま放置したりクリームでのケアなどで、余計に水虫を悪化させやすいと言われています。

水虫の民間療法として、アルコールで白癬菌を除菌するという対処法があります。
アルコールは殺菌作用がある為、皮膚の表面にいる白癬菌は除菌できるかもしれません。
ただ、白癬菌は皮膚表面だけでなく、皮膚の中にも増殖しています。
アルコールは皮膚内部までは浸透しないので、アルコールだけで手指の水虫は、改善できないと考えて良いでしょう。

手指の水虫は、やはり水虫治療を受ける事が大切です。
手や指の水虫治療は外用薬や内服薬での治療が、主流となっています。

手指の水虫をそのまま放置していると、爪にも白癬菌の増殖が広がる恐れがあります。
爪水虫は完治するまでに、長い時間が必要です。
ですので、水虫と早めにおさらばする為には、的確な水虫治療を受ける事が大切なのです。